知ってる?一元管理のメリットとデメリット

一元管理をすることで作業効率をアップしよう

ネットショップを運営するにおいて「一元管理」という方法があり、これは場所にとらわれずに1つの管理体系に纏められている状態のことを意味し、それぞれメリットとデメリットがあります。一元管理をすることによるメリットは、経営者はもちろん現場管理者の負担を減らしたり、現場の作業時間・工数などを短縮することが可能です。作業効率がアップしたり、クライアントが今どのような状況にあるのかという情報を把握しやすくなります。受注管理においてオーダーを管理状態毎に識別したり、対応することが可能です。在庫管理では複数のモールにおける在庫情報を一度に更新することができるので何回も情報を入力する必要がなく、データベース化することによってさまざまな情報から特定の情報を把握しやすくなります。

何を一元管理するかが重要なポイント

ネットショップ運営における「一元管理」のデメリットは、すべての情報を1つに纏めて管理することに固執してしまうと、その管理システムが複雑化してしまう可能性があります。既存の情報を整理しないでそのまま一元管理してしまうと、現場管理者や現場が混乱することもあり、コンピュータに入力する項目が多くなってしまい、反対に手間や時間が増えることもあるでしょう。目的を明確にしておかないと作業量だけが増えてしまい、結果的に作業工数が増えてしまうだけの状態になるかもしれないので、一元管理をする対象や目的・必要な項目をきちんと把握し、社内や現場で共有しなければいけません。業務効率を上げるために、どの作業や項目を一元管理するかの判断が重要となります。