教えて!ネットショップ発送管理の秘密

ネットショップ発送管理の裏事情とは?

ネットショップの運営は、商品の受注から始まって、顧客へのメール返信、在庫確認、業者への商品発注、梱包と発送、売り上げデータの分析などからなり、複雑で時間もかかります。それらの業務を一元管理システムの導入や一部業務の外注によってバックヤード化ができれば、効率が上がり本来最も重要な業務である商品開発や販売活動に集中することが可能となります。ネットショップで買い物をした時店舗から来る連絡メールが、別の店舗のメールと似た形式だと思ったことはありませんか?ネットショップの発送管理は、実は私たちが買い物をした店舗によって行われているとは限らなくなってきています。外部の専門業者に受注、梱包、発送の業務を依頼していたり、一元管理システムを導入することで自動的に行っている場合です。一元管理システムのパッケージの種類はまだ限られており、同一のパッケージを導入した場合似た形式のメールが送付される事があります。

一元管理システムの導入で注意すべきこととは

ネットショップの一元管理システムは上手く活用すれば大変効果的です。業務の効率化が図れミスやクレームを減らすことが出来るでしょう。しかし導入する際に注意すべきことがあります。全ての業務を一元管理システムに載せることに拘りすぎると、システムに入力する項目が増えすぎるなどして逆に業務の効率が悪くなる場合があります。一部の人間しか管理システムに関われない事態の出現も予測されます。導入に当たっては現在の業務をきちんと整理し、効果的だと思われる部分のみを一元管理システムに載せるという考え方も重要です。また業務の一部分を外注するという方法もあります。注文を受けた後の顧客とのやり取りや業者への注文、梱包、発送業務を専門に請け負う業者が出てきています。