ネットショップ集計分析が気になるあなたへ

集計分析はネットショップの強み

ネットショップではオンライン上の取引なので、受発注管理や配送管理をしっかりすることができます。集計分析をすれば全ての情報を元に売り上げの傾向や売れ筋商品などを割り出し、配送の不備などを減らすことでコストダウンと売上アップを狙うことができるのです。集計分析はこの他に季節ごとの売り上げ傾向、平均客単価、リピート率などの分析もできます。このような結果から在庫になっている商品を減らし、売れ筋の商品を増やすなど具体的な対策が見つけられるのです。リアルタイムで分析できるのがネットショップの強みです。日々変化する情報を集計分析にかけることによって、翌日からの方針が変えられるというのは他の事業ではあまりありません。

集計分析と一元管理の組み合わせ

ネットショップが複数あったり、サイトが違ったりすると情報を集めて分析するのには非常に時間がかかります。ですので、全ての情報が一元管理できているとスムーズに分析することができます。集計分析するためには一元管理が効率的だと言えます。ネットショップでは情報はすぐに古くなってしまうので、集計までに時間がかかってしまうと使えない情報になる可能性が高いのです。全サイトの情報が集まると見えてくる傾向があるので、その情報を持っているだけで他店よりも優位に立てます。ただし、一元管理にもデメリットがあります。分析する人だけに責任が集中してしまうということです。分析結果を元に対策を講じるわけですから、間違っていると大変です。だから、一元管理する場合には複数人の責任者を置くといいです。